空室対策のチェック項目リスト

埼玉・東京の原状回復工事サポートサービス
メールでのお問合せはこちらから

空室対策のチェック項目リスト

さて、今回は前回お話した空室原因にたいする対策についてお話しようと思います。 世に出回っている空室対策案としての情報を簡単にまとめてみました。

1. 入居促進ツール等による対策

2. 内装リニューアル等による対策

3. 仲介業者さんへの対策

4. その他の対策

入居促進ツール等による対策

  • 物件ホームページ制作
  • POPや内見者用に部屋の案内書の設置により室内をアピール
  • 物件の周辺環境等の情報提供ツールの作成
  • 内見者用に便利ツールの設置(メジャー、ボールペン、メモ帳、案内書用ケース)
  • プチモデルルーム化(スリッパ・造花・マット・ソファー・テーブル等の設置)

内装リニューアル等による対策

  • 大規模なリノベーションによる部屋のリニューアル
  • 部屋のアクセントクロス等の小規模なデザイン差別化
  • 出入り口への姿見設置
  • 出入り口など壁面の一部分をタイル壁に変更
  • おしゃれな照明器具の設置による部屋の差別化
  • 家具家電付き
  • 和室を洋室に変更
  • おしゃれな和室にする(琉球畳+1000番クロスを使用する等にするなどしてモダンに)
  • キッチン扉・下駄箱等の色柄変更・ダイノックスシート張り等
  • (3点ユニットバス対策)
  • 収納スペースの確保
  • 室内用物干し取付
  • セキュリティー(TVインターフォンの設置)
  • インターネット使い放題
  • 水栓2ハンドル式からシングルレバー式へ交換

仲介業者さんへの対策

  • 仲介業者さんへの広告費等の上乗せ
  • 仲介業者さんと定期的にコミュニケーションをとる
  • 多くの仲介業者さんに募集を依頼する

その他の対策

  • 建物の内外装のメンテナンス (チラシ等が散乱していないか、塗装剥げ等)
  • 入居書マナーの徹底(ゴミ出し・共用部への私物をおかない)

以上のこと等を参考にし空室対策にいかして頂ければと思います、