原状回復工事とは?

埼玉・東京の原状回復工事サポートサービス
メールでのお問合せはこちらから

原状回復工事とは?

賃貸物件の原状回復とはなんでしょうか?

敷金診断士でもある私の所属するNPO法人 日本住宅性能検査協会では以下のように定義しています。

『目的物件から搬入物、設置物を収去し、目的物件からとりはずし、又は移動した物を元に戻し、通常の生活を行う中で発生する経年劣化・通常損耗以外の借主の故意・過失に基ずく原状回復義務の目的物件の汚損、破損箇所を借主が貸主と負担割合を定め、約定の方法・最小施工単位で約定の業者に依頼して修理工事を行うこと。』

としています。

実際に原状回復工事をするときには上記の借主の故意・過失に基ずく原状回復義務の範囲にプラスして次の入居者を迎え入れる為にクリーニングをしたり古くなった設備を交換したりする工事も同時におこなわれます。